フィリピン・ボホールにある、日本人スタッフ常駐のダイビングショップ。ダイバーには有名なバリカサグ島までボートで30分。ボホールでのダイビングはアクア・ジャーニーで。

注意事項 にそのファイルは見つかりません

注意事項  

出発前に  

マニラ空港での乗り継ぎの際の注意点  

マニラ経由でボホールにいらっしゃる方は、マニラの空港で入国審査を済ませたあと、必ずご自分のお荷物を一旦受け取って、出口そばの税関係員に申告書にサインをもらい、その申告書を持って下の写真の赤丸印のカウンターで再度お荷物を預けた後、国内線のチェックインに向かってください。(再度荷物を預けるカウンターは、入国審査を受けて出て来てすぐにあります。ターンテーブルでお荷物を受け取ったあと、ターンテーブル番号4番と5番の間にありますので、国内線のチェックインで3階に登る前にお荷物を預けてください。机一つ分ぐらいの幅しかない小さなものですので、気を付けてください。)

         下の写真の赤丸印のところです           拡大写真

マニラ空港荷物預けカウンター  マニラ空港荷物預けカウンター

詳細は、下記のマニラ乗換え地図付きマニュアルを参照ください。

両替について  

当店では基本的に両替は行っておりません。ご了承ください。
マニラ空港、ボホール到着後のボホール市内、セブ空港、セブ市内などで可能です。
お迎えにあがったスタッフにお尋ねください。



ダイビング前に  

ダイビング前の飲酒について  

ダイビング前5時間以内に飲酒された方は、ダイビングが出来ません。ご了承ください。

体調について  

体調の悪い方は、無理をせずにお申し出ください。無理をしてしまうと事故の原因にもなりますので、ご注意ください。

ダイビング用の書類について  

下記に、ダイビングを行う際にご署名いただく書類を記してあります。あらかじめ書式をプリントアウトしてご署名いただき、ダイビング初日の朝に、当店にお持ちください。
(当店にも同じものがありますので、ダイビング当日の朝に、当店でご記入いただいても結構です。)




ダイビング後に  

飛行機搭乗について  

ダイビング終了後、18時間以内は飛行機に搭乗されないことをお勧めいたします。航空機内の気圧の変化により、体に異常をきたす可能性があるからです。

体調について  

ダイビング終了後、気分の悪い方は、ご遠慮なくスタッフに声を掛けてください。



その他  

防寒対策について  

こちらフィリピンは、平均水温は約28℃と日本よりはるかに高いですが、ダイビング後の休憩時間、ボートでの移動時間などは風があたって寒く感じることもあります。当店のボートにウィンドブレーカーを用意しておりますが、数に限りがありますので、ボートコートなどの防寒着をお持ちいただくことをお奨めいたします。

アレルギーについて  

当ショップでは、実施されるコースによってはランチをご用意させていただいております。食品に関してアレルギーをお持ちの方は、ご予約時または事前にお知らせください。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional